chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

恋愛・人生

大丈夫だよ、きっとできるよ。

泣きたくて、泣けない。 心がえぐられそうな気持ちになる。 私が恋愛をするときは、いつだって本気。 だから、終わったあとも想いが残る… 写真を燃やすように、この気持ちも燃やせればいいのにと思う。 許せないのは、別れてもまだ好きだという自分の気持ち…

進む。

自分の夢や未来に向かっている人は、かっこいい。 その努力する姿に私は惚れる。 人生は、自分のために生きるものだと思うけど、誰かのために生きようとするのもいいと思う。 きっと、人生で最も幸せなことは愛するということなのではないだろうか… そして、…

30歳の挑戦。

海外に移住して3ヶ月が経った。 そろそろ私も主婦としてだけでなく、自分の仕事も始めようと思い行動をした。 興味のある分野で面談を受けることになった。 まだまだ知らないことの多い地で、自分の持っているものが表現できる仕事ができたら、きっと私自身…

願っていた未来。

私は、「だったらな~」とか「しとけばよかった」とか「もし~だったらな」とかあまり好きではない。 妄想は好きだけど、現実をこんな風に考えるのは後悔をしてるようで…勇気がないようで…何も変えられない自分を認めるようで悲しい気持ちになる。 もし、あ…

空虚な私。

私は何もないんじゃないかって思う。 何かずば抜けてできることもないし、 人より美しい訳でもない平凡な30歳。 今の環境に甘えて、何の目標や将来のビジョンもないまま、このまま年を取っていくことが不安でならない。 何の武器もないまま年を取ることは、…

未練。

誰も知らなくていいから、私があなたを愛してるってこと。 全てをかけて愛してたよ。 夢中であなたを追いかけて、あなたを闇の世界から引き抜いて、その手を離さないで私はずっと握っていたよね。 私だけが知ってればいいことだった… 私だけが知ってればよ…

間違った努力。

100回くらいね、忘れようとしたの。 だけど、何も忘れられなかった。 本当はあなたともう一度やり直したい… 私はあなたを忘れたくて、あなたをブロックしたの。 その日から私の携帯は鳴らなくなったの。 リモコンみたいなおもちゃみたいだった… ブロックした…

別れても好きな人。

きっとね、この涙は雨が降ったせいで… きっとね、この涙は体調が悪いせいで… きっとね、この涙はあなたが夢に出てきたせいで… ただそれだけのことなのに、涙は止まらないの。 もう遅いって分かってるのに、あなたのことが頭から離れないの。 私とあなたはも…

家は狭くても、外は広い。

今、悩んでいることも… 今、見えない将来のことも… その答えは決まっていない。 何が正解かも決まっていない。 その答えは、自分自身で決めるものだから。 他人が決めるものじゃない。 どんなに悩んでも大抵のことは終わってみれば何でもないことだったりす…

影。

私は、好きな人とのお散歩が好き。 だんだん日が暮れていくと、手を繋いで並んでいる姿が影として目の前に現れる。 その影の2人を見ながら温かな気持ちになる。 一緒にいる時間が増えて、一緒に出掛けることが増えて、 夫婦になったら、その陰が見えなくな…

エネルギー。

山のように大きい存在でありたい。 相手にたくさんのエネルギーを与えても決して枯れない山でいたい。 海のような懐の深い存在でありたい。 相手のどんな状況でもありのまま包み込める海でいたい。 花のような可愛らしさを兼ね備えた存在でありたい。 蕾を蕾…

元カレ。

最近、元カレとの恋愛を思い出す。 相手が違えば、間にある愛情も形が違う。 今想っても、どの形が私に合っていたのか分からない。 今の恋愛(結婚)に満足していないから思い出すのか… それとも、余裕ができたのか… どちらかは分からない。 でも、私が今の…

壁にぶつかってもいい。

小さい頃から「えらいね」とか「いい子だね」とか… 「お姉ちゃんだから」って言われてて、 我慢することができるようになった。 大人になるにつれて、たくさんの我慢が増える。 その我慢をしたら、強くなれるんじゃないかって思ってた。 でも、強さって我慢…

最後のあなたの笑顔。

時の中で、あなたと私は繰り返す涙を拭い合った… 涙の日々を越えることができなかったの。 拭い合ってただけで、涙を止めることはできなかったの。 だから、壊れたの。 去っていく愛情に満ち溢れた日々に、 私は声をかけることができない。 精一杯の力を振り…

音信不通。

早いもんだな…もう30年も生きているなんて。 この30年間で失ったものもたくさんある。 失ったものを感じることはできないけど、 忘れることは絶対にないよ。 失ってから初めて気づくこともたくさんあった… あの日、目が覚めたら隣にあなたがいたの。 いつも…

ありがとう。

正直、今の命があるのは偶然だと思うの。 登ったり、下ったり、そんな人生を過ごしてきたの。 楽しいことばかりじゃなくて、苦しかったり、辛くて泣いてた日々もあったけど、 私はこの人生を歩めてて幸せだって思うの。 あなたに巡り合えた奇跡に「ありがと…

忘れたいものたち。

忘れたいことばかり思い出してしまうの。 あなたと出会った日のこと、 あなたに連絡先を聞かれた時のこと、 あなたに初めて抱かれた夜のこと、 あなたが車で迎えに来てくれてドライブに連れてってくれた日のこと、 あなたに充電をしてもらった時のこと、 あ…

渦の中の思い出。

恋の終わりを告げる一言。 燃え尽きたとは言えないけど、もう終わりにした恋。 でもまだ、泣きながら思い出す…楽しくて幸せに満ちた一緒に過ごした日々。 睡眠薬を飲んでも眠れない夜。 なんで、別れることを選択したのか。 追いかけられても振り返らない。 …

開花する心。

美しさとは、気持ちの持ちよう!! 「私は愛される価値がある」って信じることが大切なこと。 愛されてるのかな…って疑ったら自信なんて持てないじゃない? 「美しくなる」って決意をすれば、少しづつ自信が湧いてきて自分を輝かせることができるような気が…

与えられた荷物。

未来ってね、一瞬一瞬変わっていくもの。 だから気持ちだって、小さなことで変わっていくものなの。 だから、先のことで悩むより、今を一生懸命生きた方が、きっといいことと出会える気がするの。 苦しんだ数や疑った数を数える人生なんか必要じゃない。 笑…

心の老廃物。

体の不調が続いている。 心の不調なんだろうな…私はすぐ体に出てしまう。 強がっている私。 張り裂けそうな想い…この胸から出て行って。 この想いを言葉にして出すことは許されない。 叶わない恋って分かってるのに、どうしてあなたは私を愛し続けるの? 私…

FREE。

1人夜明けを眺めていたの。 もしかしたら、こんな気持ちのドアを開けてくれる気がして… 私は自分自身で自由になった。 だから、私はまた私を始めてみようと思うの。 何度だって、自由になれる。 何度だって、見上げることはできる。 もし、本当にお互いが必…

別れたあとの関係って。

友達には、もう戻れない。 だって、愛し合ってたから。 ううん、愛し合ってるから戻れないの。 辛くなるの分かってて、何度も何度も電話をしてくるあなた。 平気なふりをしてるけど、私だって平気じゃないよ。 私がいなくて、あなたは平気じゃないよね。 で…

出会い。

今考えると「友達に毎日会える」って学生時代は当たり前に感じていたけど、奇跡のような時代だったな…って思うの。 大人になって、このことがいかにすごい事だったのか気付かされる。 もっと学校に行ってればよかったな~ 友達も、恋人も、家族も… 失いたく…

恋愛だって、量より質。

悩んで、苦しんで、反省して… 今の状況から抜け出すには今のいろんな感情と戦うしかない。 どんなに真っ暗な夜でも、必ず夜は明ける。 どんなに真っ暗な夜でも必ず星はある。 どんなに今が辛くても、その辛さには必ず終わりがくる。 どんなに辛い状況でも、…

リボン結び。

オレンジの光の先にどんな自分がいるのかな… 1人じゃなくて、誰かと一緒にオレンジの光を浴びたいの。 素敵なものを感じるには、あたし1人じゃもったいない。 完璧な2人にはなれなくても、自分たちらしい2人になればいいよね。 私たち夫婦は、まだ解けやす…

生きる姿勢。

今の私に必要なこと「心の自立」かな… 精神面でもう少し強く、図太くなりたい。 環境が変わったことと、悩んでいる日々のせいなのか、 顔の肌荒れが悪化して、もう限界だなって思って、初めての不安と恐怖に襲われながら海外の皮膚科に行きました。 アレルギ…

花占い。

出会うのが遅すぎたなんて、言いたくないけど… いつだって、出会いに正しい時期なんてないよね。 あなたに会える日をカレンダーを見てカウントしてるの。 それって、あなたに会いたいってことだよね。 今のこんな毎日をどうしたらいいんだろう… あなたと目が…

彷徨う愛。

誰かが愛してくれているから私は生きていけるんだって思ったの。 本当の自分を分かってくれてて、それでも愛してるって言ってくれる。 本当はね、私は元気で明るくて涙なんか流さない女の子じゃないの。 自由でいたいとか、1人の時間が欲しいとか、わがまま…

愚かな夢。

私があなたを愛することができるのは、夢の中だけなの。 今頃あなたは、どんな夢を見てるの? 私は、あなたのいない隣に慣れてしまったょ。 まだあなたは慣れていないだけだょ。 きっと、慣れる時がくるから。 愛しているだけじゃ、一緒にいることはできない…

自分勝手。

人を愛して、別れを選ぶ。 別れの理由は、いつだって自分勝手なもの。 相手の気持ちを分かっていながら、拒絶をする。 伝え続けてくれているのに、頑なに拒み続ける。 その気持ちに甘えたくなる時もあるが、別れを選んだ時点で、その気持ちには蓋をする。 蓋…

別れ。

人生でこんなにも愛する人と出会っただろうか… なぜ、愛していたのか? 母性本能もあったと思う。 でも最大の理由は、彼がすごく愛してくれていたから私も素直に愛することができたのだと思う。 この恋愛が成り立たなくなったのは、なぜだろうか… 彼からの愛…