chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

恐怖と期待。

人は分かりたくないことは、分かろうとしないもの。
自分にとって望ましい言葉しか耳に入ってこない。

相手を失うかもしれない。
「私とのこの恋が本物」と信じたい。
最後の恋であることを信じたい。

人は知りたくないことも、たくさん知ってしまう。
相手を全て知り尽くそうとしても、
知り尽くせない。

相手に信じてもらいたくても、
完全には信じてもらえない。

不安になるのは当たり前。
不安の中で、自分や相手のあり方を正しく知ることは難しいこと。

不安は、恐怖と期待という色眼鏡をかけさせる。
既にここで、その恋が本物かどうかなど、分からなくなってしまうの。

1人の人間の人生を受け取るなど、
とても大変なこと。
誰かの愛を受け止め、
自分も深く愛してそこで責任を負っていくことは、大人としての強さがなければ引き受けられない。

多くの人が迷ったり、苦しんだりしながら、相手を受け止めていく。

隠れた理由は、自分ではなかなか探り当てられない。
なぜなら、それらの理由は、寂しさや過去の傷、傷み、恐怖心など、いろいろなネガティブと結びつきてるから。
そうした深い苦しみは、心の奥底に隠されているの。

強い感情を伴う恋は、真実性を感じられる。でもそれは、本当の恋だから激しいわけじゃないの。
痛みや悲鳴や上げた恋だから、激しいの。
f:id:chise1219:20140827234917j:plain