chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

幼馴染み。

産まれたときから、
気付いたときには隣にいるのが当たり前だった幼馴染み。

幼馴染みのお父さんも、私にとってはお父さんのような存在だった。
亡くなったと聞いたときも号泣した。

今日御線香を上げに行って、
「本当に死んじゃったんだ…」って実感して、泣いてきたつもりだったのに泣けてしまった。

ずっとあの場所にいるのが当たり前で、
小学校の頃から毎日のように「おかえり」って言ってくれてた。

幼馴染みも幼馴染みのまま。
「お互い30歳になって独身だったら、結婚しようね」なんて約束したけど…
もうすぐ30歳。
ちゃんと言葉に出さなきゃ。
ちゃんと行動にしなきゃ。
きっと、彼のことだから約束を守ろうとするはず。
いつだって、約束を破ったことはなかったから。
重体になったとき、奇跡的に目覚めて、あたしを呼んで「婚約者」ってみんなの前であたしのこと呼んだょね。
びっくりしたょ。

幼馴染みって、大人になっても幼馴染みなんだょね。

ただいるだけで、落ち着くんだょね。
幼馴染みって、友達とはちょっと違ってなんか昔からの空気があって、それは変わらないんだょね。

f:id:chise1219:20141012164307j:plain

大切な存在なのは変わりないょ。
彼が地元で元気にいてくれることが当たり前なんだょね。

そんな、贅沢はないんだね。
重体のとき思ったょ。

元気でいてくれて、ありがとう*
帰って来る度に、心配してくれて励ましてくれる。

これからお互い30歳を越えて、年をとるけど変わらない幼馴染みの間柄でいたいな。

お互いが結婚するときは、きっといろんな思い出を想って泣けるんだろうな。

幼馴染みって、恋人とはちょっと違うけど大切な存在には変わりない。