chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

弱くなる。

弱さを知らないふりしてるの。
これでいいんだって思うようにしてるの。

夢は、夢のままになってしまう気がするの。
誰が私のことを見てくれてるの?

「好きな人と結婚して、家族になっても夫婦でありたい。」

傍で見守ってくれてる人がいいの。
それでも弱さに背を向けるかもしれない。
気付いてほしいんじゃない。
その時に、隣にいてほしいの。

あの日、あなたが私を受け入れてくれたのは何だったの?

もっと強くならなきゃいけないのかな。

f:id:chise1219:20141016191600j:plain

凛と強く前を向いて歩くのも疲れるょ。
年齢を重ねても、大人になれない。

毎日朝が来る。
そんな時、あなたに会えたことを運命だと信じたい。

永遠まではまだ遠い。
運命は変えられるの。

風に吹かれて変わることだってあるの。
まだ何も背負えないかも。

いつから、こんなに弱くなったのか分からないけど…

年齢を重ねる度に弱くなっくの。
きっと、みんなそぅ。

深夜に連絡したら、すぐに電話してくれたり、私の毎日に色をつけてくれるの。

ただ、あなたがいることが嬉しいの。
もし、離れてたとしても届けていけるようになりたい。

ちゃんと「好き」という気持ちを…。
数え切れない「好き」があったけど、
どれが運命なのか分からない。

どんどん分からなくなってくの。
でも、いつだって味方でいてくれる人がいてほしい。