chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

立ち上がれないの。

あなたに出逢った奇跡をふと思い出す。
お互いないょねって言ってたのに、いつの間にか惹かれ合っていたんだょね。

あなたは私のどこを好きになったの?
私はあなたが受け止めてくれた大きさを好きになったの。
どんなことでも笑って大丈夫って目を細くして言うから…大丈夫って信じられて突き進んで来れたんだと思うの。

今の私にも、大丈夫って言って。
どんなときも優しくして。

あなたと過ごしてきた日々が本当にあったのか、思い出すことができない。

f:id:chise1219:20141020202217j:plain

笑い方を忘れた日々も、あなたは強くなれと背中を押した。

押され過ぎて、私は転んでしまって…その後しばらく立てなくなったょね。

あなたがいる時間が嘘のようで、
これまでどうやって一緒に歩いて来たのか分からないょ。

思い出せないの。
皮肉なことだょね。

押されて倒れたままの時間の方が長かったようにも思う…

今の私は立ててるのかな?
何かの魔法にかけられて、立たされてるんじゃないかな?

だって、離れてたって強く好きだって思えてたのに…離れている時間が心地よく感じたり。
少しだけ距離ができてる気がするの。

時を重ねて1つになれるのかな。
あの頃求めていた時期が恋しい。

想いや重いを笑い合っていた日々が懐かしい。
あなたに逢いたくて仕方なかった日々が恋しいょ。
あなたしか見えなかった時間があったなんて、思い出せないょ。