chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

心友の婚約。

昨日、離れて住む心友の婚約報告を受けた。
自分のことように嬉しくて、
2人の写真を見返したり、
想い出に浸った。

まだ心友がお嫁さんになっちゃうのが実感湧かない。

彼との同棲を始めた時点で、
結婚することは分かっていたはずなのに、実感が持てないのは不思議である。

彼女がいつも傍にいてくれて、
励まして支えてくれたから、
立っていられた。

きっと、結婚しても変わらないと思えるが少しだけ寂しさが溢れる。

それは、彼女に依存していたからだと思う。
小さなことでも何かあったらすぐにLINEしたり、電話したり、離れてからもそれは変わらなかった。

大好きな彼女が結婚を決めたことは、
私にとっても大きな勇気をもらえる出来事だった。

奇跡的なことに、
プロポーズされたときに私がプレゼントした洋服を着ていてくれたそぅだ。

立ち会えたようで、
本当に嬉しくて、興奮した。

そのおかげで今日の私は寝不足であることは、彼女に内緒にしておきたい。笑

f:id:chise1219:20141106172647j:plain
私は彼女のこれからの人生を共に送る彼に、心から信頼を寄せ、彼女が笑っていられることをお願いしたい。

どんなことがあっても、
2人向き合って乗り越えてほしい。

子供を授かっても、
彼女を1番に想ってほしい。

きっと、そんなことは分かっていると言われそうなので黙っておこう。

私が彼女のためにできることは、
限られているのがもどかしいが、
これからも変わらず人生を共に歩んでいける関係でいたいと思う。

私も笑っていられるような人生を歩んでいきたい。
それは彼女にとっても、
喜ばしいことになるのは間違いない。

独身でいること。
結婚すること。
どんな選択をしたとしても、
私は私らしく人生を謳歌していきたい。
そんな勇気をもらえた出来事だった。

いつも背中を押してもらっている彼女に、この場を借りて想いを伝えたい。

「なお、おめでとう。
なおがいつも真剣に向き合ってくれるから私の人生が充実してるんだょ。
お互いの人生がこんなにも密で、人生を共にするなんて、出会った当時は考えてもみなかったね。
ありきたりな言葉しか浮かばないけど、
世界一幸せな女になって下さい。
その幸せをこれからも変わらず私にも支えさせて下さい。
一緒に笑って、
一緒に泣いて、
そんな関係がいつまでもあり続けられることを願います。
いつも味方でいてくれて、
ありがとう。
なおは、私の自慢の心友です。

本当に、おめでとう♡」