chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

甘い。

甘い声。
甘い言葉。

私はそれよりも…
甘い香り。
甘い食べ物。
何より甘い抱擁が好き。

どんなに言葉を並べても、
想いや愛情深さには勝らない。

f:id:chise1219:20141111225640j:plain

言葉で満たされるのなら、
甘い食べ物はいらないのだ。

言葉を並べるよりも、
会いに来てくれる人がいい。

好きと100回言ってくれるのも、
嬉しいけど…
1回のギュッの方が安心する。

器用な人にはなれないけど、
不器用な人の想いには気付くことができる。

それは自分が不器用だから。

好きなのに嫌いなんて言わない。
もうそんな年齢じゃない。

本当の好きを見極めることが、
できるようになったから。

過去の恋愛でも本気の愛情だったと思える愛情は確かにあった。

その時、本気で愛し合えたから、
今は離れていても後悔はない。

後悔は誰が決めるものでもない。

素直な気持ちにまっすぐになれることで、後悔なんてしないのだ。

どんなに甘えたくても、
甘えてはいけないときもある。

誰でもいい恋愛なんて、
しても意味がない。
結局、気を揉むことになるだけだ。

自分の気持ちに甘えてみる。
その時、想う人がいるのなら、
まっすぐに彼へ会いに行けばいい。

分からない感情のまま、
飛び込んではいけない。
分からない感情が、
分かったとき後悔するかもしれない。

1つ1つの自分の気持ちに、
敏感になって、素直になって、
本当に想う人がいるならば、
まっすぐに想いを伝えよう。

その時は自分の気持ちに責任を持って、
覚悟を持って飛び込めばいい。

誰にだって、
甘えたいときはある。

そんな時、何に甘えるか。

何かに迷っているなら、
甘い声や甘い言葉ではなく、
私は甘い香りと甘い食べ物をオススメします。