chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

隠し事。

ずっと秘めてた想い。
流されるのではなく、
本気で愛してると思う人と結婚をすること。

今までのプロポーズは、
何かを気にして、
何かに邪魔をされ、
断ることを強いられていた。
本気で何もいらないと思った時もあった。
でも何も捨てられなかった。

でも、それは何のせいでもなく、
誰のせいでもないの。
私自身が本気で守りきれなかっただけ。

本気でこの人だと思えるのなら、
どんな状況であれ、
相手を想い守り続けるべきであった。

何かが私には欠けている。
人としての欠落のような気がする。

きっとこの先本気で愛せる人が現れるのかすら分からない。
何より私が本気で愛せるのか…。

結婚の妄想は膨らむばかりで、
だけどその相手が固定されないのだ。

f:id:chise1219:20141222210759j:plain

結局、自分自身を守っているのである。
相手を守り抜くことができなかった。

こんな想いで、
結婚なんてできるのだろうか。

私は誰かと結婚すべきではないよぅな…
誰かのために自分を犠牲にできるのか…

相手は私のために自分自身を犠牲にして寄り添ってくれることがあるのだろうか…

不安や不信を思えばキリがない。

今まで直感で恋愛をして、
ストレートに向かい合ってきた。

それがいけなかったのか?

相手に求められるままに、
恋愛をしてきたのではないだろうか?

私が求めて恋愛をしてきたのか?

相思相愛って、
どんな形だったんだろう…

恋愛をすれば、
素敵なこともあるし、幸せなこともたくさん感じられる。
でも、恋愛をすることは不安にもなる。

不安を拭えない恋愛は、
いつまでも拭えないのだ。
私はいつまでも不安なままなのだ。

こんな私が、
恋愛結婚をすることは難しい。

流されることを避けたい。
自分の意志を固めて、
本気で愛せる人に、私から自信を持ってプロポーズをしたい。