chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

彼への感謝。

2年くらい前に出会って、
同じチームで一緒に仕事をしていて、
いつの間にか惹かれていき、
いつの間にか付き合って、
結婚に向かって準備をしている。
彼と出会ってあっという間の月日が流れているように思った。

お互い社内恋愛はないょねーなんて、
話してた2人なのに…
いつからか週末を2人で過ごすようになって、付き合うことになった。

今まで別れようとした時期もあった。
でも彼の気持ちを聞いて涙した。
きちんと話すことが大切なことを改めて感じた。

今回の結婚も彼の気持ちを聞いて、
戸惑ったのは事実であり、
とても不安だった。悩んだ。
その気持ちを話してから彼は変わった。
今では、彼の後ろをついて進めている。

「頼りない」と言葉にしてからかな…
彼は変わってくれた。
こんなにも積極的に取り組んでくれるんだなーと嬉しかった。

何も決められない私を優しく包みながら
話してくれて、
私の希望も聞きながら、
一生懸命になってくれている。

まだまだ挙式までは時間があるようで、
あっという間に過ぎていくんだろうな。

顔合わせ、結納、入籍、挙式…。
果たして間に合うのか心配だったけど、
彼の協力があれば、
何とかたどり着けるように思う。
私は、一世一代の結婚をするのだ。
彼のお嫁さんになって、
彼の家族と家族になって、
私たちの家族も増えていったら…
家族がたくさんになるんだ‼︎

結婚したあと半年間の遠距離恋愛をしながら、自分の身の回りを整理して、彼の転勤先について行くのだ。

あんなに不安だったことが、
嘘のように今は楽しみにも思えるようになった。
それは彼がたくさん話してくれるから。
たくさん愛情のある行動をしてくれるからだと思う。

結婚して変わってくれる人だったのかもしれないなー。
私は信頼する彼の後をついて行こうと覚悟した、今日。
なんか、ふと安心をする。

感謝。
ありがとう。

f:id:chise1219:20150112231111j:plain
2人で楽しみながら、
準備をして、向かっていきたい。

愛されてることをこんなにも感じられるなんて思ってもみなかった。

この人と人生を共にして、
この人に人生を捧げよう。

愛してるって表現は分からないって言うけど、行動にその愛情があることは、私だけの秘密にしておこう。
彼からの愛情の余韻に浸ることで、
私は安堵して眠りにつける。

幸せになるための誓いを、
彼とすることに覚悟を持てた。

彼と一生を共にすることに責任を持って生きたい。