chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

拗ねた?

拗ねている訳ではない。
私は冷めているのだ。
なぜ、拗ねる必要があるのか?
やはり愛情がある方へ行ってしまう。
愛情は一方通行では成り立たない。
どんな形であれ、示さなければ相手には伝わらない見えないものである。
見えないものだからこそ、
伝えるためには本気が必要となる。
伝わってほしいからこそ、
本気で向かい合うものなのだ。
自分が思い善がりなことに気付かない限り、相手からも本気の愛は返ってこないと思った方がいい。

f:id:chise1219:20150206184250j:plain
1日に何回も鳴る携帯電話…
その想いに安心感を抱いてしまう。
どんどんハマっていく溢れた愛情。
素直に言葉にしてくれる彼に心地よさを覚え甘えている。
誰だって、そうだろう。
言葉も行動もない恋愛よりも、
言葉も行動も伴った恋愛の方が、
自分自身も大切にできる。

感情を出すことは、自分の意思を出すことと同じである。
感情を出すことによって、
自分自身もラクになり救われる。
また、相手も状況が分かり理解を深められ思いやることができる。
どんな感情であれ、伝えるということはお互いにとって大切なことなのである。

感情表現の大切を改めて感じる。
それがなければ何も始まらない。