chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

友達の結婚。

今年は、ピークと言ってもいいほど、
友達の結婚式で溢れている。
みんな、一生のパートナーを見つけ、
生涯を誓い合うのだ。

「なぜ、人は結婚するのか?」
そんな疑問を若かりし頃から、
抱いていた。
単純に好きな人と一緒にいるだけでは、
いけないのだろうか?
年を重ねれば、重ねるにつれ、
その思考は批判を買うことが多い。
なぜ、法律に縛られる結婚をするのか?
何の責任があるのか?
社会的偏見ではないだろうか?

結婚をしていない人だって、
好きな人はいる。
結婚をしていない人だって、
幸せなことはたくさんある。

結婚をしたからといって、
それが幸せとは限らない。
違うと思ったとき、
法律に縛られているから、
別れることに多大な労力とお金を使う。

一生この人しか愛さない自信て、
どこから出てくるのだろうか?

私は結婚する友達に毎回聞いていた。
「何で結婚しようと思ったの?」

私の納得する答えは、
まだ得られていない。

f:id:chise1219:20150226033722j:plain

私の理想のプロポーズがある。
「ちせと一緒にいて、幸せだから結婚してほしい。」

「幸せにします。」
このフレーズは断固拒否。
自分の幸せくらい、
誰かに幸せにしてもらわなくても、
自分自身で幸せを感じられるから。

「年齢的に…」とか「長いから…」
こんなフレーズも断固拒否。
ちせでなければならない理由に、
なっていないからだ。
相手が誰でもいいと思えたら、
それは別の人と結婚して下さいと思う。

ちせでなければ、
自分が幸せになれないと思えるくらい、
私に依存をしていてほしいのだ。
主導権を握りたい訳ではない。
純粋にお互いの人生を共有したいのだ。

もちろん、お互いに自分の世界はある。
その中に、ちせだけ、彼だけが、
その自分の世界に入ることができる。

そこに、違和感のない自分の世界が成り立つ人がいい。

難しいことは言わない。
ただ、ちせじゃなきゃダメな人と、
結婚がしたい。
私は人生をかけて、彼を幸せにする。

ちせでなくてもいい人は、
他の人と結婚すればいい。
私は幸せにする気になれないから。