chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

性格。

これまで一緒に生きてきた自分の性格を変えることは難しい。

なんで、そんな考え方になったのか?
どーして、そんなに視野が狭いのか?
自分の価値観にこだわるのか?

世の中には、たくさんの人がいて、
たくさんの価値観がある。

性格や生き方は、
出会ってきた人に左右される。

人を疑い、
人を信じることを恐れる。
とてもかわいそうに思う。
なぜ、そんな風に考えてしまうのか?
私が世間知らずで生きてきたから、
思うことなのかもしれない。

世の中には、タフな人間とタフでない人間がいると思う。
強い人間なんていない。
強くなりたいと思う人間は、
強がったり、弱さを守るために武器を身につける。
その武器が、努力からなるものと、
自分を大きく見せるための偽りのものがあると思う。
なぜ、自分を大きく見せたがるのか?
なぜ、そんなに自分の弱さのために相手を傷つけるのか?
なぜ、人を見下すのか?

自分にとって何も得することはない。
全て自分に回って返ってくる。

生き方によって、
人生の豊かさも決まってくる。
自分がしてきた過去や、
その人生の選択が、
今の自分を生かすのである。

何も得てこなかった人間は、
卑屈になり、人を見下すことでしか、
自分の強さを確かめることができない。

人を尊敬し、人を思いやることのできる人間は、視野を広く持つことができ、価値観も大きい。

f:id:chise1219:20150304000428j:plain

弱さを弱さと認められる人間こそ、
タフな人間になれると思う。
相手がいての自分になると、
失ったとき脆くも崩れていく。
所詮その程度かと言うだろう。
そうでない。
自分が変われなかったという原因があることを感じて欲しい。
人を大切にすることで、
自分も人から大切にされることを感じて欲しい。
誰もが敵ではない。
誰しも、自分の味方になってくれるような生き方を選択すれば、そんなことを思わず、素直に生きることができるのだ。

弱さはあっていい。
タフじゃなくていい。

ただ、自分を大切にしてほしい。
もっと、相手を思いやってほしい。

誰にだっていいところもあれば、
悪いところもある。
自分自身だってそうじゃないか!

誰しも抱えているものがあって、
闘っているものがある。
守りたいものがあるからこそ、
素直に生きていかなければならない。
それが、強さとなる。

愛のない人生は幸せじゃない。
守りたいものを見つけたら、
自分を偽らずまっすぐに生きていくべきだと思う。
過去は変えられない。
これまでしてきた人生の選択は変えることができないが、これからの人生の選択は今からでも、できる。
その選択をする勇気があれば、
これからの人生を変えることができる。

人間誰しも1人では生きていけない。
強さは愛がなければ、成り立たない。

自分の性格を変える素直さと勇気があれば、環境は変わっていく。
今からでも遅くはない。
やれることは、今からでもやるべきだと思う。