chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

ずるい私。

離れていても、
ずっと近くにいる。
微笑むあなたに逢いたい。
微笑むあなたを苦しめたくない。

巡り巡る季節の中で、
あなたに出会えたことは奇跡だね。
こんなにも、
想い合える人に出会えたこと。
すごく幸せだょ。
1日1日重ねるごとに、
あなたの想いは強くなっていくね。
その想いが、
時として私には重く、
とても苦しいの。

世界が終わるまで、
あなたは私を愛してくれる人。
重力にも逆らって、
あなたは私を愛すると思えるの。
それだけ、
あなたを信じることができて、
あなたを感じるの。

愛してくれて、
本当にありがとう。

f:id:chise1219:20150304214808j:plain

私にとっても、
あなたはかけがえのない存在で、
とても大切な人なの。
その気持ちに偽りはないの。
こんなにも本気になれるなんて、
出会ったとき思わなかったょ。

あなたの気持ちを知る度に、
私の想いも強くなっていくの。

もう人生なんて、
どうにでもなってしまえばいいって、
思っちゃうの。

私の手をギュッと握って、
離さないで欲しいって願っちゃうの。

だって…
本気で好きなの。
ずっと続けばいいって、
願っちゃうの。

時計は、私を無視するの。
刻々と過ぎていくの。
私たちのタイムリミットが、
どんどん減っていくの。

私はずるい。
ずるくて、ずるくて、最低…

いっぱい描いてしまう未来。
どんなに強く願っても、
あなたの存在は消えていくの。

まだ消せないょ…
あなたの連絡先も、
あなたの存在も…。

あなたが命中させた恋の矢は、
私の胸に突き刺さったままだょ。
あなたの傍にいたい。
ずっと、ずっと…。
あなたとの未来が続くと思っていたい。