chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

赤い糸。

赤い糸があるなら、
初めは出会わせるためだけの1本線。
赤いって認識できないほど、
細くて弱いものなの。

それを2人で何本も何本も経験や思い出を積み重ねて、太く切れないものにしていくの。
これは、2人が同じ気持じゃなきゃできないことだょね。
1人で想っていたって、
出会った頃と太さは変わらないままなの。
お互いを知って、
お互いを想って
お互いを愛することで、
初めて「赤い糸」と呼べるものになる。

f:id:chise1219:20150318041747j:plain

「赤い糸」を作っていくには、
お互いが感情表現をしていかなければならないと思う。
相手に自分を知ってもらうこと、
相手に気持ちを伝えること。

2人で築いていくもの。

築いていけなければ、
赤い糸は簡単に切れてしまうの。

だってね、
糸は見えないほど細い1本なんだもん。

赤い糸で繋がれるかは、
2人次第なの。
出会わせてもらえた偶然を、
運命にするのは、2人なの。

2人が運命なら、
離れないように、
太く強い絆を築いていかなければならないの。

それができないなら、
簡単に切れちゃうょ。