chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

お引越し。

今日で、旦那さんのアパートの引越しが終わった。
こんなにも広かったんだ…と2人で眺めていた。

東京に来たばかりの旦那さんが、
借りたアパートは男の人が1人暮らしするのにちょうどいい部屋だった。

私が初めて来たときから、
何かと物が増えて、
いつの間にか私の荷物も多くなって、
部屋が小さく見えていた。

私が帰って来れる場所が、
ここにあった。

f:id:chise1219:20150422134337j:image
明日からその場所がなくなってしまう。
間違って帰っても、
入ることはできない。

一緒に過ごした時間が、
嘘みたいにがらんとしていた。

ここで一緒にテレビを見て笑って、
ここに来て旦那さんの前で泣いて、
ここで抱き合ってsexをした。

日本で一緒に過ごした時間は、
短かったな。
この恋愛の答えを見つけるまでに、
時間がかからなかったのだ。
結婚願望なんてなかった私が、
結婚を意識したのはなぜだろう…
きっと、旦那さんの笑う顔をずっと見ていたかったからなのかもしれない。
旦那さんの笑顔を意識したことがなかったが、
友人に「こんなにも笑うんだね」と言われたとき、心の底から嬉しかった。
当たり前だと思っていた時間は、
とても貴重な時間だったのだ。

午前中は起きられない私だけど、
それでも責めずに起きるのを傍で待ってくれていた。
「やっと起きたかー!」
「おはようー」
そんな会話が心地よくて、
幸せな時間だった。

これからは起きても隣にいない。
そんな日々に慣れることができるのか。

確かに愛されていると感じることが、
できていた日々に感謝したい。
こんなにも切なくなるなんて、
思ってもいなかった。

私の穏やかな日々の目印は、
旦那さんとの時間だと思える。
正確な地図なんてないけど、
いい顔ばかりしていても、
何も変えることができない。

守りたい。
守っていきたい。
回りくどいことは止めて、
迷うことなく飛び込もう。
そのために、私は覚悟と責任を決めなければならない。
旦那さんの笑う顔をずっと見ていたいから、私は前に進もう。
こみ上げてくる感謝の気持ちに、
私の目は涙でいっぱいになる。
旦那さんは、私のヒーローだ。

私を選んでくれて、ありがとう。