chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

寂しさ残る東京。

新婚生活をすることもなく、
今朝早くに旅立ってしまった旦那さん。
あっという間だった。

照れ屋で、
感情表現のない旦那さんが、
空港のエスカレーターで、
後ろを振り向いて、
「行ってきます」とキスをした。
私はビックリした。
嬉しさと同時に離れてしまう心細さに襲われた。

東京に戻ると、
もう旦那さんの家はない。

本当にもう日本にいないんだ…と、
実感した瞬間だった。
私のキーケースは、
キーホルダーに変わり、
自分の家だけの鍵がついている。
ぽっかり心に穴が空いてしまったよぅな感情になる。
近くにいるだけで、
安心していた証拠だった。

彼は言った。
「1人でも遊べないと困ります」
いなくなっても、
私は私の生活があって、
私の友達もたくさんいて、
この恵まれた環境でダメになってるようでは海外で生活なんてできないだろう。

もっと、自分に自信を持ちたい。
私にとって、旦那さんは全てではない。
だけど、こんなにも切なく、
心細くなるなんて、思ってもみなかった。

f:id:chise1219:20150427005804j:image
私を支えてくれる人は、
旦那さんだけじゃない。
家族だったり、友達だってり、
私にはたくさんの頼れる人かいる。
なのに、なんで心細いんだろう。

同じ空の下にいるはずなのに、
なんでこんなにも遠くに感じるんだろう。
今までだって、
1ヶ月以上出張で日本を離れていた時もあった。
でも、何も感じなかったのは、
きっと彼の家が東京の近所にあったから。
帰って来る場所がここにあったから。
今は帰って来る場所は、ない。
それが、私にとって大きな喪失なんだと思う。

旦那さんはすごいなー。
本当にいつもそう。
いつの間にか私の中で、
大きくなっているの。

こんな愛もあるんだね。
なんかほっこりするような、
落ち着くような、
安心できる愛。

「永遠」なんて信じないけど、
なんとなく、「永遠」って、
使ってもいいよぅな気がする。

バイバイした時寂しかった。
でも今は寂しさという感情ではない。

もっと、違った…
穏やかな時間で、
彼を想う愛しいという感情。

これからもマイペースに歩いていこう。