chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

第六感。

自分のカンを信じて歩いてきた。
第六感と呼ばれる理屈では言い表せないカンである。
今の私の第六感は、
このままじゃいけないと必死で訴えているの。

自分が潰れてしまう。
重いものに押し潰されて、
自分がいなくなってしまうの。

「強い人間になりたい」
そう思って、生きてきた。
強いとは、どんな意味なのか…
それは、「自分自身に強い人間」という答えにたどり着いた。

相手に対して強くなくていい。
人生において、
最も大切なことは、
自分自身に対して強い人になること。

自分を繕って肩肘張って生きている人は、疲れてしまうの。

どんなに苦しんでも、
どんなに困っても、
どんなに悲しくても、
もう先がないってことはない。
必ず行く道はあるもの。

f:id:chise1219:20150512234120j:image

これまで、私は正しい道を選んできたとは言い難い。
でも、楽しい道を選んできたと思いたい。

自分の人生を、
自分らしく生きていくことが、
最高の人生だと思いたい。

間違えに気付いたら、
軌道修正すればいい。
誰にだって、間違えはあるもの。

それに気付いたのだから、
見て見ぬふりをしないで、
行きたい場所に向けて進むしかない。

誰にも分からない第六感を、
信頼するしかない。