chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

愛する戦い。

なんだかうまくいかなくて、
タイミングが悪くて、
嫌になってしまう日もあるの。

余裕なんかなくて、
自分が嫌いになりそうな日は、
誰にも優しくできなくて、
更に落ち込んだりするの。

きっと、そんな時は1番大切な人を傷つけていると思うの。

いつだって傍にいて、信用してくれてるのに、私は何もできない。

1人で唖然とする時もあるの。
そんな時、自分のことのように泣いてくれたあなた。
あなたはいつまでも傍にいてほしかった。
あなたのことを私はあなた以上に知ってるの。
だから、こんな自分が嫌になるの。

呆れるくらい前向きになりたい。
あなたの手を引っ張って歩きたい。
でも、もうしてはいけないことなの。

私は何でもすぐに忘れてしまうの。
あなたはそんな私に優しく笑うの。
そんな日が居心地がよくて、
長居し過ぎちゃったのかもしれない。

笑えなかったこともあったね。
そんなことも全部受け止めて、
現実と向き合わなきゃいけないょね。
飛び出した感情もあったね。
尖った言葉もたくさんあったね。
f:id:chise1219:20150520015017j:image
きっと、私たちは欲張りになったのかもね。
それまでのことを見失って、
今の関係を大切にしてきたょね。
そこから地図を広げて、
一緒に歩いていこうと思ったょ。

でもね、その地図は行き止まりだったの。
私もあなたも離れなきゃいけないの。
いっぱいの愛で繋いできた手を離さなきゃいけないの。

あなたの抱えている闇の深さや、
あなたの頬を傳う涙も、
始まってしまったからの結果だょね。

私がまたあなたを人間不信にしてしまうのではないかと悩むの。
あなたは私に期待し過ぎたんだょ。
私は1人でも夜を過ごすことができるの。
後悔をしてるだけじゃ、かっこ悪いょね。
過去を後悔するなら、
未来のために今を進まなきゃいけないょね。
私は、この戦いを最後までするょ。
顔をあげて、走るょ!
何も始まらなきゃ、失う痛みもない。
でも、始めなきゃいけない。
あなたを愛してるから、
後悔したくない。

過去を許せていないのなら、
今、あなたは微笑んでないょね。
あなたは今までの過去を許せたんだょね。
それが私の唯一の救いてす。

私はあなたの生きる証にはなれない。