chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

罪と罰。

選んだ頃は、信じてた。
選ばなかったら…と考えている。

自分の気持ちを押し殺していれば、
こんなことにはならなかった。

私は愛してはいけなかった。
あなたの全てになってしまった。
私はあなたの元を去る事に決めた。
あなたに話したけど、
あなたは受け入れてくれなかった。
あなたは離さないと傷つきながらも強く願い、言葉にした。
私は振り返ってはいけなかった。
あなたがどうしようもなく心配で、
あなたの想いを断ち切ることができなくて、私は振り返ってしまった。
ボロボロになったあなたは、
変わらずまっすぐ私を想い、見つめていた。
私はあなたから目が逸らせなかった。

いつからか、私はあなたに別の幸せを願うようになった。

f:id:chise1219:20150526030331j:image
あなたが抱えていた闇の深さも、
あなたの流した涙も、
私は全てを理解してしまった。

あなたのことを分かっているから、
離れることを選んだはずなのに…
あなたは私を愛していた。
このまま続けることはできない。

あなたが穏やかな朝を迎えられることと、あなたが怖がらずに夜を過ごせることを祈っているの。

あなたを愛したことに、
後悔はしたくない。
あなたと出会ったことの意味や、
あなたと乗り越えた闇や、
あなたと過ごした幸せな時間を、
私は否定したくない。

後悔したら、
否定してるみたいじゃない。
だから、後悔だけはしたくない。

この先には痛みしかない未来なのに、
それでもあなたはまっすぐ私を信じてる。

私への罰があるのなら、
私は全てを受け入れる。
私は、あなたと離れることを選ぶ。