chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

嘘つき。

サヨウナラ、
私を愛してくれた人…

私にとって、あなたはまっすぐ過ぎて恐かった。
あなたの想いを受け入れることができなくて、私は帰って涙を流してるの。

私は嘘つきなの。
あなたはその嘘に気付いていないだけなの。
気付いてはいけない嘘なの。
その嘘は、最後まで突き通すからね。
その方が、あなたは壊れなくて済むの。

私が嘘をつくなんて、
今までになかったのに…
あなたと出会ったのは、
時すでに遅かったの。
何もできなかったの。
ごめんなさい。

私の嘘は優しくなんかないの。

f:id:chise1219:20150526031657j:image
私の嘘は、あなたを幸せにはできない。
残酷で、とても苦しいもの。
私はあなたの前から足跡すら残さずに消えたい…

あなたから忘れられたい。
私もあなたをいつか忘れたい。

出会ったことに意味があるのなら、
それは何だったんだろう。
私は分かんなくなっちゃったょ。

あなたといろんなことがあったね。
いろんな笑顔があって、
いろんな涙があって、
いろんな道があったね。
時を重ねれば重ねるほど、
あなたは私を愛してくれました。
私もあなたを愛しました。
でも、私は何も変えることができず、
あなたへ罪を犯しました。

未来を見つめて、
あなたは歩き始めたね。
その未来は私とあなたじゃ違う未来なの。

嫌われたい。
罰せられたい。
私の犯した罪は許されることはない。

あなたの人生を狂わせてしまう。
あなたはまた壊れてしまう。
遠ざかるあなたの背中に、
見えなくなるまで私は謝り続けているの。
伝わらなくてもいい…
謝らせて下さい。
あなたが笑っていてくれる未来を、
心から願います。