chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

ヴィンテージwine。

「愛してる」や「好き」という気持ちを何度も重ねてきた。 塗り重ねる絵画のように時を重ねてきた。

分かっている結末でも、 拒むことができなかった。

彼は別れない理由を100探すと言った。 これから一緒に歩いていく未来をいつも嬉しそうに語っている。

70億の人々の中で出会った理由は何なんだろう…

彼は私と出会って、 人生をやり直すことができたと言っていた…今までの自分が嫌いだったらしい。今の自分は素直で穏やかで幸せを感じることができて、好きになれたと言った。

泣いたり、笑ったり、 そんなことを繰り返して歩いてきたこの道を振り返ると、とても濃いものだった。

別れるということも受け入れてくれず、離さないと断固として引いてくれなかった。

本当は臆病な彼なのに、 今は何でもできると生き生きしている姿を見たら私は跳ね返すことができなかった。

ヴィンテージのワインみたいに、 時間をかけて作ってきた2人の時間。

私の中でカウントダウンが始まった。