chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

愛される女。

恋愛をすれば、相手から愛されることが当たり前だと思っていた。

でも、それは相手によって違うことが分かった。

どんなに愛情を注いでも返ってくるものではない。

愛される女は、幸せになれる。

経済面を満たしてくれることよりも、

精神面を満たしてくれることの方が幸せなんじゃないだろうか?

「お金から愛情が生まれることがあっても、愛情からお金が生まれることはない」

興味のない相手であっても、自分を好きと言ってくれて、プレゼントの日々を送ることができたら、どんな人でも悪い気はしない。

逆に、どんなに愛していてもその日の食べるものさえ困るような生活を送っていればぶつかり合い、その愛情も失われていく。

f:id:chise1219:20150916021754j:image

人間は欲張りな生き物である。

「ないものねだり」

きっと、この言葉は一生付きまとうであろう。

今、手にしている幸せを見失い、手に入らない幸せを恋しく思う。

もし、その願っていた幸せを手にした時、本当に幸せだと思えるか…

手にしてみなければ分からない。

このまま今の生活を送り、満たされることのない日々を送ること自分にとって幸せなのか…

私は満足しない。

この生活を続けていれば女としての価値がなくなってしまう気がする。

女としての価値がなくなったとき、この生活を後悔すると思う。

今の自分を好きになれるよう、自分を解放したい。

「なりたい自分になる」

「こんな人になりたい」

この気持ちが自分を支える。

私は女として、まだまだ生きていきたい。

 

多くの意味で「強い女性」になりたい。

現実逃避をすることから卒業したい。

目の前の現実が、今の私の環境であることを受け止めよう。

明日から何かが変わるわけじゃない。

でも、自分の気持ちは変えたい。

 

愛される女になろうと思わずに、

自分を愛せる女になろう。

それが、きっと今の私に足りないもの。