chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

他者と自分。

他者との関係で、自信や関係性をキープするには、自分の人格や生活を犠牲にしなければならないこともある。

自信をつけようとすればするほど、他者に依存しているのではないだろうか?

 

否定的なことを想い、それを気に病んでしまう。

その気持ちが本当に否定的なものを招いてしまっているのではないだろうか?

全てのことは心に願う通り、描いた通りになるもの。

だから、否定的なことを心に浮かべるのは止めよう。

 

今まで真面目に前向きに努力してきた。

その結果は、決して悪いものではなかった。

仕事においても、恋愛においても…。

自分の決断を信じて、前だけ見て突っ走ってきた。

悩み、迷うことも多かったここまでの人生。

どの決断も自分で決めてきた。

後悔をしないように自分の意志で選択をしてきたのだ。

その行動が、私に自信を与えてくれて、堂々と明るく進むことができたのだと思う。

 f:id:chise1219:20150917044813p:image

この結婚も流された部分は大いにあるが、最終的には自分で決めたことだった。

だから、自分の願う通りにいかなくたって、誰も責めることはできない。

もし、責めるとするならば、自分自身だろう。

間違っていたと思うような決断をしたくない。

このまま結婚生活を続けていくのか、離婚して自分の生活を新たに始めるか。

その答えを出すには、まだ早い気がする。

結婚をしてまだ1年も経っていない。

他人同士が夫婦になるのだから、価値観の違いもあるし、人格の違いもある。

そんな2人が夫婦になっていく…

家族になっていくのだ。

好きだからうまくいくものではない、家族になるって難しいことだと思う。

今の私の決断は、自分自身が変わっていくこと。

その先に離婚が待ち受けていても構わない。

私はそれを恐れない。その道もきっと楽しいものだと思えて仕方ないのだ。

今は、この選んだ道を歩いてみようと思う。

平坦な道ではないが、自分の気持ちを大切にして進んでいきたい。

 

自分がここに存在していること。

ただそれだけを喜んでくれる人がいてほしい。

「存在するだけでいい。」

そんな人になりたい。