chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

負のスパイラル。

人は疲れていたり、体調が悪かったり、ホルモンバランスが悪いとイライラしがちである。

私のイライラは、自己嫌悪に陥ってしまい誰とも会いたくない、話したくない、自分の殻に閉じこもってしまいたいとなり、引きこもってしまう。

相手に対してイライラしていても、言葉にすることが怖くて表現することができない。

そうなると気分もマイナスになって負のスパイラルに陥ってしまう。

いつも笑っている私とはほど遠い私になってしまう。

 

実際、自殺を考えた時期もありました。

自傷行為をし、大切な人を泣かせていた18歳。

こんな自分が生きている意味などないと思ったのがきっかけだった。

自傷行為をすることは、自分の生きていることの確認だった。

血を流すことで、私は生きていると確認していた。

まだ生きている、生きていていいのか…そんな自問自答の繰り返しだった。

このころは涙を流すこともできずに繰り返し、大切な人を泣かせてばかりいた。

その人はいつも泣きながら私の自傷行為の痕を処置してくれていた。

そんな日々を過ごし、私は声をあげて号泣した。

その人のおかげで、私は自分と向き合おうと思うことができたのだ。

今の私があるのは、その人が一緒に乗り越えてくれたからだと思う。

 f:id:chise1219:20150918022104j:image

誰だって将来に不安を抱え悩んだり、泣いたりすることもある。

でも助けてくれる人は必ずいるものです。

 

負のスパイラルは自分自身を惨めにさせ、嫌なことばかりを考えてしまい、悲しみ、怒り、不安に思って辛いときを過ごす。

でも、これも自分の選択したことだったのです。

それに気づいた私は考え方を変えました。

どんなことにもいい面も悪い面もある。

だったら、不幸なことを数えるより、幸せだと思えることを数えた方が自分自身も幸せに生きていけると思ったのです。

私は年齢を重ねるにつれて、HAPPYなことを見つける特技を見つけました。

どんな小さなことでもいい。

見て、聞いて、感じて幸せだと思えるようになったのです。

 

幸せをラッキーと感じて過ごす方が幸せに生きられる。

どんな状況でも、ラッキーを数えて、恵まれていると喜びに浸った方が人生得した気分になれますよね♪