chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

恋愛だって、量より質。

悩んで、苦しんで、反省して…

今の状況から抜け出すには今のいろんな感情と戦うしかない。

どんなに真っ暗な夜でも、必ず夜は明ける。

どんなに真っ暗な夜でも必ず星はある。

どんなに今が辛くても、その辛さには必ず終わりがくる。

どんなに辛い状況でも、必ず良いことはある。

 

かけがえのないものを失うことは、かけがえのないものを永遠に手に入れること。

矛盾してるようだけど…人生は幸せと不幸だけで分けられるほど単純じゃない。

 

恋は一種の病気。

恋は苦しくて、切なくて、でも世界で1番美しい病気なの。

ただ笑うだけの恋愛より、傷つくことを知ってる今の方がずっといい。

失恋は失うと共に、必ず何かを得ることができるの。

恋をすると、その人が自分の一部になったような気がして…

だから失恋をすると体の一部が引き裂かれたような想いを感じるの。

でも、人は別れを受け入れて、また一歩前に進んでいく…

見なきゃいけないのは、未来であって、大切にしなければいけないのは、今その瞬間。

人を愛する気持ちは自分の自由だもん。

 

投げかけたものが全部返ってくるわけじゃなけど、

喜びを生み出せば、喜びは返ってくる。

愛されたいなら、ちゃんと愛さないとね。

求めてばかりじゃ、手に入らないもんね。

 f:id:chise1219:20151006105451j:image

言葉って難しいけど、すごく大切なもので、すごく大きな力を持ってるもの。

なにげなくする言葉が、自分の行動も生き方も決めていくって思うの。

私はこうして「書く」ことで自分と向き合う場所を作ることができているの。

 

気持ちや頭がぐちゃぐちゃのときって、書いてても支離滅裂な表現になってるかもしれないけど…

でもね、「書く」ことで何に傷ついたのか、どこを改善すればいいのか、具体的な対処法が見えてきたりするの。

不満も不幸も、物足りないような感情もコントロールできるような気がするの。

自分で自分を思いやることで、自分を大切にすることができる。

私にとって、書くことは「考える時間」じゃなくて「考える場所」なの。

 

自分で自分のことを思いやることができなかったら、誰が自分のことを思いやってくれるの?

 

どれだけ多くの恋愛を経験するかより、どれだけ素敵な恋愛ができるかが大切なこと。

どれだけ時間がかかったとしても、最後に誰にも負けないくらい大切な人と出会い、共に歩めれば、それでいいの。