chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

鎧を脱ぎたい。

誰かを好きになることは、怖さと幸せがある。

恋愛をすると、自分が自分でなくなってしまうかのような感情に包まれる。

あの時、あの場所で、あなたと出会わなければこんなにも苦しい想いをすることはなかったのかもしれない。

でも、それはきっと私の見栄なんだと思う。

そう思うことで、言い訳してるんだと思う。

本当は、どこにいたってあなたのことを探してるの。

似ている足音が聞こえれば振り返って探したり…そんなことしてる自分がいるのに、あなたと出会わなければ良かったなんて思う訳がないよね。

 

何度もあなたを好きになることを止めようとしたのに…結局私は止めることができなかった。

1つ1つ紐を解かれるように…あなたに素直な想いを伝えてた。

あなたを傷つけるって分かっていながらも、私は自分の想いを優先してしまった。

だから、私の想いであなたを振り回してしまった…

何度も泣かせてしまった。

その涙は嬉し泣きじゃなくて、傷つけたことによって溢れるものだった。

私は相手を幸せにすることができるけど、どん底に突き落とすこともできる女だった。

残酷な女だと思う。

こんな女性になりたかった訳じゃないのに…

いつの間に、こんな技を身に付けて自分を守るようになったんだろう。

 

傷つくことが怖くて、いらないものを身に付けてしまったのだと思う。

この鎧を脱がなければ私は素直な女にはなれないだろう…

好きな人に好きと伝えることはできないだろう。

しかし、この鎧の脱ぎ方を知らない。

まずは、この鎧の取り外し方を見つけなければ…

少し時間はかかるけど、私は見つける。

だって、元々着てなかったんだもん。着たものは脱ぐことができる。

 

そして、この鎧を脱いだ時、きっと私の心は軽くなる。

 f:id:chise1219:20151201031234j:image

if I take your heart, I will make it happy…