chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

パンドラの箱。

年相応という言葉がある。
若作りをしないで、年相応の女性になることが一般的には認められている。
若作りも間違えれば、痛いと言われてしまう年齢になった。

でも、年相応でいいやって諦めたら…
そこから年をとるだけな気がする。

年相応な女性になることは、大切なことだけど諦めることとは違うと思う。
自分のなりたい女性を目指すことは、欠かせないモチベーションの1つである。

なれない自分にがっかりするんじゃなくて、なれなくても近づけた自分を認めてあげたい。

「自分が何がしたいのか」じゃなくて、
「自分はどんな人になりたいのか」が大切なことだと思う。
その意識が自分の生き方に繋がっていくと思う。

f:id:chise1219:20151207041359j:image
それと、最近気付いた…
愛情と嫉妬が比例するんじゃない。
独占欲と嫉妬が比例するんだと…

パンドラの箱を開けてしまったから…
私にはその閉じ方が分からない。

パンドラの箱を開けてから、私の中に独占欲と嫉妬が生まれてしまった。
どうすることもできないのに…
この気持ちを処理しなければならない。

心から取り出して、燃やすことができたら楽なのに…
何度繰り返せば私は思い出として受け止めるのとができるんだろう。