chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

女性の色気と品格。

最近、女性の色気と品格って何だろうと考えます…

20代前半の頃は「色気=ナイスバディ」と思っていました(単純ですねw)

年を重ねるうちに、この方程式は違うと気付きました。

私は、どちらも兼ね備えていないものだと思い…考えてみたんです。

単純な考えですが、書かせてください。

 

色気…

「メイクをばっちりしていること?」

なんか、違うような気もするけど…真っ赤な口紅が似合う女性を見るとドキッとしますが…

でも、どちらかと言えばすっぴんになった時の方がその人らしい色気が出るような気もする…

「作為が女性っぽい?」

にゃんにゃんキャラで異性に媚びる…?

これはただのぶりっこですね。

作為的な行動は、同性から見れば一目瞭然ですよね。(男性は気付くのかな?)

「露出した服装をする?」

露出している人たちを見て、全員を色気があるな~とは感じられない。

間違えば、ただのエロさ全開な下品な女性になりかねません。

「スタイルがいい?」

いわゆる、ボン・キュッ・ボン。

もう、整形するしかないじゃない‼

 

色気って、外見で何とかなるものじゃないですね。

内面から出る自信だったり、素直さだったり、異性を愛するときの自分だったり…

もちろん、異性も十人十色ですから感じる色気も様々あるけどね。

私は「自分が女性であることを自覚していること」が必須条件だと思います。

女性と意識することで、美しくなりたいと思い、その意識と比例して色気は増していくように感じます。

自分のコンプレックスを出せる人こそ、その人らしい色気になるのでは?

「これをやれば色気が出る」ってもんじゃないな~と感じました。

持論ですが…

色気とは「自立していて、凛としていながら異性をたてることができ、目配りや気配りが作為なくできる女性」

要は、心に余裕がないとできないかな…。

 

次は、「品格」これは難しい…

「言葉遣いが丁寧であること」

これは直接つながります。

若い子が使うような言葉(ヤバいとか、まじ?とか)を発している姿を見て品格があるな~とは感じませんよね。

下品な言葉を使わないことを意識しようと改めて思います。

周りに流されて一緒に使っていたら、自分を下げてしまうから気を付けなければ‼

「姿勢や歩き方が美しい」

上品な女性って、茶道や着付けができるイメージもありますが…

どちらも姿勢が正しく美しいという共通点があります。

服装も少なからず影響はすると思いますが、その場に適した身のこなしができることも大切に思います。

時々、背伸びをしておしゃれなお店で食事をすることも女性の美しさを意識するのに良い方法かな。

それに、上品な人たちの周りには、上品な人たちが集まってくるから、そういった場に行くことはいい勉強にもなるし、いい刺激にもなると思います。

「清潔感がある」

最低限なとこで言えば、ボディケア。

化粧を何日も落とさない、肌はカサカサ、爪が汚い、ムダ毛が多い…女性って手入れをしなければいけないことが多いですね。

でも、お手入れは自分の励みにもなるし一石二鳥です。

他人に見られるからではなく、自分自身のためにおしゃれをすることが重要。

「一歩踏み込んで親切ができる」

行き過ぎるとお節介になってしまいますが、困った方がいたら自然と行動ができる。

思いやりの心は、色気にも品格にも密接しているように感じます。

いつの日か、いつもの習慣としてできるようになりたいです。

「大切にものを扱う」

生活習慣に出るものは、どの場においても出てしまうものです。

誰が見ていなくても、普段からものを大切に扱えることを意識します。

足で冷蔵庫やドアをしめたりするのはご法度ですね(笑)

持論ですが…

品格とは「言葉・行動・姿勢・心が美しくあること」

心から発せられる優しさやおおらかさは表情や立ち振る舞いにも現れます。

だからこそ、思いやる気持ちを忘れないことが品格に大切なのではないでしょうか。

 f:id:chise1219:20160115033226j:image 

手に入らないと思っていた色気と品格は、実はちょっとした努力で身につくものでした。

「女性を楽しむこと」が第一条件であり、品の良い立ち振る舞いを意識することで、色気も比例して身につくものと結論に至りました。

また、見られて意識することで色気と品格は更に磨かれます。

 

小作為な行動をするのではなく、常識のあるマナーを持ち備え、

自分自身を磨き続けることが色気と品格を身に付けるものだと思います。

 

まとめるのが下手で、すみません。

今日から、意識していきたいと思います。

もう「色気ない」「品格がない」なんて言われないように…

女性で生まれてきたからには、とことん女性を楽しもうと思います。

年を重ねれば重ねるほど、増していく「色気と品格」を堪能しましょう。