chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

恋愛は素敵なものだと思う。

素直になれない自分がいる。

どこか自分で自分を正当化しようとしている気がする。

自信が持てない今の自分を何とか好きになろうとしているように感じる。

時々、真っ黒なペンキを被ったかのようにダークな自分になる。

 

今朝の夢は、苦しくて目が覚めた。

突き刺さる現実だった。

 

女がしてはいけないこと「男にすがること」

私は1度だけこのポリシーを破ったことがある。

それは13年付き合っていた彼が結婚をすると呼び出され報告を受けた時だった。

私にも好きな人がいて、付き合っていたが…

私はその報告を受け入れられず、初めて大泣きをして、ずがった…

その晩に感じた劣等感、嫌悪感、嫉妬、孤独、罪悪感、卑屈、独占欲…

様々な感情が私を罵り、初めて見た自分に対して情けなさを感じた。

と、同時に「こんなにも愛しているんだ」と痛感した。

その後彼から届いた手紙は読んでそのまま捨ててしまった…

印象に残っているのは「人を愛することを教えてくれたのは、ちせだった。」

あんな態度をとった私を責めることなく、感謝が綴られていた。

その手紙を読んでいた時は号泣したが、捨てたとき私は意外と落ち着いていた。

自分から傷つけて、離れたのに…あんな態度をとったのは本当に自分勝手だと思う。

でも、今はあの日があったから距離を置けているように思う。

初めて見た自分だった。

何かに対して、あんなにも欲しがったことはない。

 

この日の状況を鮮明に夢見ていた。

人は、経験を重ねると抵抗や恐怖を覚える。

なかなか素直になれず、留まってしまうことがある。

恋愛っていいな…そう感じさせてくれたのは大切な友からの電話だった。

今日、なぜこんな夢を見たんだろうとへこんでいた私は、彼女の声を聞いて元気になれた。彼女から笑顔と勇気をもらったのだ。

 f:id:chise1219:20160118003524j:image

恋愛は幸せになるものであるが、時々辛いこともある。

でもその辛さ以上に幸せがあるからこそ、恋愛っていいものだと思えるのだ。

もし、恋愛から臆病になっている人がいたら多くの個性を見てほしいと思う。

1人の人間だけが、異性ではない。

この世の中には、あなたが思っている以上に異性はいるの。

たくさんの個性があるの。

きっと、その個性の中に自分が幸せになれる人はいるはずだから、

何度傷ついても、恋愛を嫌いにならないでほしい。

もちろん、人生は恋愛が全てではないと思うよ。

でも、恋愛があることでその人生がもっと笑顔で溢れると思うよ。

 

私はDVを受けたこともある。

でも、男性を怖いと思うことはなかった。彼の前で泣いたりしなかった。

彼の気持ちを想うと、泣いてはいけないと思った。

きちんと言葉で伝えられるように、たくさんの時間をかけて向き合った。

あの頃の彼は感情を素直に表現するには、その方法しかなかったんだと思う。

私が痛かったのは身体ではなく、そんな風にしか相手に気持ちを伝えられなくなってしまった彼の心が痛かった。

そんな彼はDVから卒業することができた。

きっと、今は感情を暴力で表現することなく相手を大切にする力を持っていると思う。

彼が暴力を使わなくても相手に気持ちを伝えられるようになったことも、私がいる意味があるんじゃないかな…

 

どんなことでもいい。

相手に自分の気持ちを伝えられなく悩んでいる人がいたら、文章に書きだしてほしい。

意外と文章と向き合うことは自分自身が素直になれるものだから。

私も自分自身と向き合い続け、いつか自分の素直な気持ちを見つける。

その答えが出たとき、覚悟と勇気を持って歩き出したい。

 

明日の夜中、私は日本に帰ります。

本当に雪が降るのかな…

雪が歓迎してくれたら、嬉しいです。