chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

見直す。

「当たり前のこと」
日常生活にある「当たり前のこと」を見直してみると…私は幸せを幸せと感じていないだけなのかもしれないと思ったの。

「当たり前のこと」を見直したら、「答え」も見つかるのかもしれない。
何が間違っていたのだろう…
何を学ばなければならないなだろう…

今までできてた自問自答を怠っていたせいで、幸せに気付けなかったのかもしれないと思った…

こうするべきだ、とか…
こうでなけれはならない、とか…
私にとって、苦手なものたち。
それがいつの間にか、自分自身の心を縛っていた。
幸せを感じられていた頃って、
もっとのびのびしてたし、
もっと私らしく生きてたし、
何よりもっと広くて温かい心だったよぅに思う。

ちょっとのことで弱音を吐いたり、
ちょっとのことで自分を責めたり、
ちょっとのことで人を疑ったり、
ちょっとのことで不幸だと思い込んだり…
これこそが、自分を醜くさせてたものなんだなーって反省してます。

どんなときでも、
たとえ困難なときでも、
その試練は乗り越えられるから、
私の目の前にある。

1つ1つをもっと見なきゃいけなかったなーと思うのね。
もっと視野が広かったはずなのに…
恥ずかしいな…
観点を変えてみることを忘れてた。
どうして自分のことになると、忘れちゃうんだろうね。

悩んでることだって、向き合って一生懸命に取り組んだら…答えは必然と変わるはず。
私に足りなかったものは「必死さ」だと思う。
f:id:chise1219:20160127161852j:image

こうして、自問自答をする時間すら見つけられる余裕がなかったのかもしれない。

どんなことも、必ず意味がある。
どんなことも、自分を成長させるための糧となる。

趣味であった美容がなくなったのも、余裕が持てなくなった原因の1つかも…
自分を励ますために、少しでも自信を持つために、私は美容関係を怠らなかった。
それが自由にできなくなったから、自分を励ますことができなくて、自信も無くしていったんだろう。

帰国して、美容は私にとって栄養であり生活の一部だと改めて思った。

ベトナムでお気に入りのエステがない。
ベトナムでお気に入りのフェイシャルがない。

なら、自分で自分を手入れできるようにすればいい。
時々はプロのお手入れも必要だけど…
それは、これから探すとして(笑)

ストレスは自分で作ってきたものだったのかもしれない。

もっと、ラクになろう。
もっと、自問自答しよう。

これからの自分のために✲*゚