chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

愛無きSEXでも命は宿る。

私は彼氏に対して特殊だと言われる。

おそらく「浮気」に対しての考え方だろう。

私との交際でタブーなものは、5つある。

①私の生活をかき乱さない。振り回さない。←夜中寝てるのに酔っ払って起こすとかね。

②浮気をしても、病気と子供は許さない。

③嘘をつかない。

④束縛をしない。

⑤愛し愛する。

 

当たり前のようなことだと思う。

 

彼は罪を犯した。

浮気をして、中絶をさせた。

彼の言い分は「もう子供はいない」

中絶費用も払った。

彼女1人で病院で済ませてきた。

この2人の精神が私には信じられない。

1つの命を殺すという重さを考えて感じて欲しい。

彼女は彼に対する愛情があったから、中絶をしたのではないだろうか?

彼との関係を続けたいから、その結論を出したのでないだろうか?

 

一瞬、私も彼も「本当に彼の子供なのか?」と思ってしまったが…彼女は遊び相手のときは必ず避妊具を使う。

 

なぜ、いい年齢の男と女がこんな過ちを犯すのか…酔に任せ、快楽を求め、子供を宿す。

寂しさを紛らわすため?

私には理解し難い。

好きな人への寂しさは、他の誰かじゃ埋められないものではないと思う。

罪悪感に潰されそうになった…

だったら、しなければいいこと。

最初から分かってる気持ちがあるのに、不貞行為をしてしまうのはなぜなんだろう…

 

勝手な解釈をします。

①自分に自信がない。

だから、その場だけの関係に縋る。

だから、常に恋愛で2番手になる。

浮気や不倫は否定はしないが、自分を輝かせるものではない。

昔、恩師に教わったことに納得した。

「美しい人は、美しい自分を見て育つから心も美しくなる。」

極論のようだが、一理ある。

醜いものは、心も醜くさせる。

嫉妬や不幸を望んでいくうちに、その気持ちが表情へと出る。

余裕がないときややさぐれてた時期は、よく母親に「ブス」だと言われていた。

こういうことだろう。

 

私が言いたいのは、ルックスで美人になる訳ではない。

育ってきた環境や本人の意識の中で、美人と呼ばれる顔つきに変化していく。

努力や時間やお金をどう自分に使うかも美人へと繋がる糧だと思う。

自分を磨くことで、自信へと変わり、表情に表れる。

 

②自分を認めていない。

人は強さと弱さを兼ね備えている。

その割合は人によって違う。

誰もが強くなりたいと思いながら、強がったり、改善させるよう努力をする。

心の弱さは、自分自身との戦い。

その弱さに負けたとき、自分がどうなるかきちんと分かってることが大切だと思う。

簡単なことで例えを出すと…暴飲暴食。

その後の自分は分かること。

気持ちだけでなく、身体にも出る。

それを分かった上で、たまに走ることもある。ただ、それを放置しない人は弱さを理解していることだと思う。

暴飲暴食したら、リセットをする。

このひと手間があるだけで、ループから抜け出すことができる。

「弱いから」とばかり逃げないで、その弱さをコントロールできるようになればいい。それは、自分自身と向き合うこと。

 

③代用するものを間違えない。

時には、目を逸らしたくなって別のことに逃げることもある。

その別のことの後先を考えて行動すべきだと思う。

現実逃避、妄想…頭の中で繰り広げることは自由であって、他人に何の害も及ばない。

例え人を殺しても構わない。

ただ、これでスッキリ治まることなんて稀に少ない。

私はそんな時こそ、お金を使って美容に走る。エステやネイル、美容室などで自分に些細な変化を与えて、自分で自分の気持ちを励ます。

人それぞれの方法があるが、自分に合った処理方法を見つけておくと良い。

 

f:id:chise1219:20160713030842j:image

 

帰国して爆買いをした基礎化粧品とマッサージたち。

毎日ケアすることで、今の精神を支えている。時には起き上がれず1日中、目をつぶって妄想に逃げる時もある。

 

時間が解決してくれるとは、期待をしていない。

自分自身で乗り越える自信をつけたい。

何にも変えられない事実を受け止めて、自分らしく立ち上がりたい。

人の命の重さを改めて考える時間だと思った。

中絶したから、子供はもういない。

そんな言葉を簡単に吐ける人間にはなってはいけない。