chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

人の気持ちは変わってゆくもの。

たくさんの想いを詰め込んだ歌を聴いてると、

当時のことがふーっと頭を独占する。

 

今までの恋愛たちに後悔はない。

いつだって、本気で向き合ってきた。

でも、嘘を平気な顔してついていたのは…

何故だろう。

今までの女の子たちはたくさんの嘘をついてきたから…だとしたら、何で自分がやられて嫌なことを自分でもするのか?

やられたから、やっていいなんて方程式は成り立たない。

 

1つの嘘は全てを真っ黒に塗り潰す。

「愛してる」という本音さえも塗り潰して流してしまう。

たかが1つの嘘だったけど…気付いたらもっとたくさんの嘘があって、知る度に私の気持ちは無くなっていく。

あなたと向き合ってきた時間は、私にとって素敵な時間や季節だったのに…

あなたに嘘をつかせたのは、私なの?

なら、嘘をつくくらいなら振ればいいのに…

あたしは別れることを躊躇なく選択するょ。

「もうやらない」

「信じて」

縋られても…私は失われた表情しかできない。

 

これまで好きな人とたくさん笑ったり、抱き合って一緒に寝たり、手を繋いでお散歩したり、美味しいとこでサプライズ🎂してもらったり、ディズニーのあと疲れたねーってミラコスタ用意してくれてたり、落ち込んだときは車で迎えに来て寝て起きたら伊豆の奥でたくさんの緑に囲まてる宿だったり、毎朝送る時間を一緒に過ごしたいから早起きして来てくれたり…

彼氏が違えば、違った愛情表現に触れることができる。

まだまだ書ききれないほどこ彼らの愛情表現はたくさんあったょ。

小さな幸せもたくさんあったね🍀

 

見えるモノだけ見るんじゃなくて、

見えないモノも見ないとね。

 

笑って、そう言ってくれた彼は私はのことを本当によく理解してくれていた。

仕事以外ほとんど一緒にいれば小さな変化も気付くよね。

 

でも、今分かってることは1つ。

過去にしてきた恋愛たちと会うことはない。

会って、どんな気持ちになるかは分からない。

だから、会わない。

会いたくない。

 

あの頃の想いが詰まった歌を聞き終わると冷静になってるあたしがいる。

この時のあたしって、どんなあたしなんだろう…なんか言葉にする方法を忘れてしまったみたいなクールになる。

 

これは、自分の中で整理がついて、あの時の想いが思い出になった証拠なのかな。

 

f:id:chise1219:20160913024818j:image

交換した結婚指輪はお互いにつけてない。

私は付き合ってた時にもらったリングをつけている。

私はあの頃もらった時の気持ちと共にいたくてこっちにしたの。

夫婦になると恋人じゃなくなる。

夫婦になると家族になる。

 

私は夫婦になったけど、旦那氏に恋をしていたいと思う。

小さなことでも、想われてることが伝わってきて嬉しくなる。

これまではコミュニケーション不足だったけど、離婚の話し合いをきっかけに、お互いの仕事やプライベート、体調のことも含めて前よりキャッチボールしながら、話すようになった。

 

私の病気や環境による身体の変化を心配してくれて、病院の手配をしてくれたり…

彼なりにやれることをやってくれてる。

ここにいていいんだって思えた。

ここで治してここにいて欲しいと解釈した。

 

ラブラブにはなれないけど、

お互いがお互いを想ってることだけで、

私は幸せを感じます。

 

彼なりの愛情表現を見てなかったのかもな…

自分に余裕がないからって言い訳はもうしない。

彼の愛情表現に触れたら、少し甘えて休ませてもらおう。

 

彼と別れないのは、嘘をつかないからだろう。

だから、私は信じ続けることができる。

だから、安心して隣にいられるんだろう。

 

 

私らしくいるために、

私は自分のルールを放棄しない。

世界は広い。

 

誰かに好かれたい行動や言葉よりも、

自分が思う行動や発言をしよう。

 

真っ黒な心になったら、他の色にするのは難しいょね。

だから、あたしはなるべく真っ白な心でたくさんのカラー(個性)を受け入れていきたい。