chise's blog

私の気持ちを素直にここに表現させてください。

フラれた事がない。

タイトル通り…私は男性にフラれた事がない。

理由は単純なものです。

「好きになる男性にライバルがいなかった」

私が恋に堕ちる相手は、個性的な男性が多い。

 

 

私は自分から恋に堕ちない限り恋愛が始まらない。

そのため、告白をされた時は「sexの対象として感じられないから」という明確な理由で断る。バカげた理由かもしれないが、好きな男性以外とはsexをしない私にしたら一切ふざけて等いない…本気の気持ちだ。

 

誰もが自分の恋愛ルールを持っていると思う。

・好きな男性以外とはsexをしない。

・元カレとは連絡を取らない。

これは、物理的な距離を取らないと制御ができないからだ。

一度は惚れた男性…何度も愛し合った仲…そんな経験に甘えてしまう可能性が大いに高いのだ。自分から別れを選択しておきながら、彼の愛情に触れてしまうと「友達」としては接することができない。

要は…身体を重ねた関係の相手とは「友達」には、なれない。

・好意を持ってる異性とは会わない。

相手の気持ちが自分以外の女性に向いていないと接し方が難しいからだ。

自分のどんな態度が相手を勘違いさせてしまうか分からない…

だから、距離をとる。

 

これしか書いていないが…気付いてしまった、私。

極端なことを言えば、私は0か100しか表現できないのだ。

何だか不甲斐ない…

半端な気持ちで誰かと向き合うことなんて、できない。

 

それにしても、自分のことしか考えていないようなルールだな。んー。

 

f:id:chise1219:20160928001922j:image

 

本当は…

人を癒すという行為は、自分を癒しているのかもしれない。

人を育てるという行為は、自分を育てているのかもしれない。

人を励ますという行為は、自分を励ましているのかもしれない。

人を笑わせるという行為は、自分を笑わせているのかもしれない。

人を愛するという行為は、自分を愛してるのかもしれない。

人にアドバイスしたはずの言葉は、自分に言ってほしかった言葉なのかもしれない。

 

誰かの為…って思っている行為は、本当は自分に向けられたモノなのかもしれない。

 

恋に堕ちたら、自分を賭けなきゃ楽しくない。

自分を投げ出さなきゃ、恋愛なんて始まらない。

そして、決して相手を所有したいと思ってはいけない。

その気持ちが生まれると、その恋愛は壊れ始める。

 

恋愛は仕事のようにはいかない。

企画書なんて必要はない。

思った事、感じた事…その気持ちを素直に相手に伝えるべきだと思う。

好きって気持ちだけじゃダメ。大切にしたいって想いだけじゃダメ。

その気持ちや想いを行動にしなくちゃ相手のことを幸せになんかできない。